無料アクセス解析
るりいろ◇空色◇風の色~地震 宏観・体感日記~ 12月30日(火)
FC2ブログ
2020年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

2008'12.30 (Tue)

12月30日(火)

P1010916.jpg
十国峠(熱海)からの富士山
義父のお墓参りの帰り道寄ったのですが、晴れているから初島や伊豆大島が見えるかと思いきや、磁気が濃かったのか、見えませんでした。富士山も霞んでいます。

天気図より気になる場所
津軽海峡付近  伊豆諸島・伊豆半島・駿河湾~富山  愛知~福井  徳島~淡路島~鳥取  (7:43記)
南関東~東北内陸  (16:06記)


 7時不受信でした。

New223:45
体感的に茨城沖と思っていましたが・・・静岡西部→新潟 と動いたので、茨城方面も注意かもと思います。(私の思うトライアングル地域なので・・・)

23時25分ごろ   新潟県中越   深さ 20km  M 3.9  震度3 (肩が重い~、耳鳴り大~、不調感~と書き込もうとPCに向かったらいきなりウェザーニュースの緊急地震速報が・・・)
20:54
胸の痛みがありました。
頭痛と耳圧。
◇伊豆諸島  島根~鳥取辺りの体感。

16:06
ちょっと波に浮き輪で浮いているような揺れ感があって、ここ2日おさまっていた「不調感」が出ています。眩暈のよう・・・。

15:32
その後も千葉・茨城沖の体感は何度かありました。
現在は胸の痛みがちょっと気になります。
<耳鳴り>シャー音。
◇紀伊半島(南部?)の体感。
12時2分ごろ   宮城県中部  深さ 70km  M3.4  震度1
9:49
<揺れ感>南西の動きがああります。
◇千葉・茨城沖の体感。

7:44
◇近場 の体感。
<揺れ感>南からの押しと南東ー北西のゆらゆら。南東までの距離は短く、北西に沈む感じ。

1:35
年末で忙しい日々です。家族に「手伝って!」「やりなさ~い!!」と言っているのに自分はjumee☆ComputerNerd1ぺチポチじゃね~・・・。子供も寝ないサイクルに入ってしまい・・・という訳で、本当になぐり書きの記録になってしまっています~。すみません・・・。

えっと~・・・
奄美大島近海の有感の前から頭痛がありましたが、今も続いています。肩も重い~(静岡西部有感の前にもあり) 耳も痛いかな。
動悸に似た感覚が日付が変わる前にありました。
◇ 相模湾・東京湾あたり  近畿北部内陸  四国  駿河湾 南関東内陸あたり 南西遠方の体感。(他にもあったのに忘れてしまった・・・><。)
1時33分ごろ  奄美大島近海  深さ 20km  M 3.5  震度1
0時58分ごろ  奄美大島近海  深さ 20km  M 3.6  震度1


色付きアスタリスク( ゚3゚)ノ5sBold-PeachPink(白-薄い背景用) 今日の誕生花は『センリョウ』 花言葉は『可憐』

アップロードファイル今日は 地下鉄 記念日です。

■有感地震(気象庁)
2008年12月30日 00:58:24.9 28゜41.7'N 129゜32.1'E  18km M:3.6 奄美大島近海  最大震度:1
2008年12月30日 01:33:15.9 28゜11.3'N 129゜15.7'E  22km M:3.3 奄美大島近海  最大震度:1
2008年12月30日 12:01:53.2 38゜37.7'N 141゜29.3'E  72km M:3.1 宮城県中部   最大震度:1
2008年12月30日 23:25:12.1 37゜23.5'N 138゜36.3'E  17km M:3.9 新潟県中越地方 最大震度:3
2008年12月30日 23:52:17.0 42゜24.7'N 143゜49.7'E  84km M:3.7 十勝沖     最大震度:1





01:45  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★○○さんへ

コメントありがとうございました。
お世話になりました~。

新潟、有感がありましたね。やっぱり観察力が鋭いです~。

よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。
るりいろ | 2008年12月31日(水) 00:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ruriironosora35.blog102.fc2.com/tb.php/388-da3011d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |